プログラム

※下記掲載内容に予定/敬称略/仮題/順不同を含みます

1. 年会長招待講演

  • 津田 洋幸(名古屋市立大学)

2. 特別講演

  • 木村 郁夫(東京農工大学)
  • Timothy MacLachlan(Novartis Institutes for BioMedical Research, USA)
  • 福田 真嗣(株式会社メタジェン/慶應義塾大学先端生命科学研究所)
  • John Burkhardt(Pfizer, USA)
  • 熊谷 嘉人(筑波大学医学医療系)
  • 谷口 英樹(横浜市立大学)
  • 杉田  学(日本中毒学会理事/順天堂医科大学練馬病院救命救急センター)

3. 教育講演

  • 榑林 陽一(日本医療研究開発機構)
  • Saryu Goel(Center of Drug Evaluation & Research, US Food & Drug Administration, USA)
  • 田中 利男(三重大学)
  • 小島  肇(国立医薬品食品衛生研究所)

4. シンポジウム(22セッション)

  • 酸化 / 親電子ストレスの制御を担う活性イオウ分子の功罪
  • 子どもへの低用量化学物質暴露が誘発する情動認知行動影響
  • 適応拡大する毒性オミクス
  • エピジェネティック毒性研究の新展開
  • -安全性評価に向けた分子・個体レベル研究を踏まえた総合討論-
  • 化学物質と腸内細菌の新たな関係
  • ヒト医薬品環境影響評価の新展開
  • 非低分子医薬品の安全性評価戦略について
  • ヒト間葉系幹細胞の将来研究
  • 実用化に呼応したナノマテリアルの有害性評価の進捗
  • 精巣毒性
  • 動き始めた遺伝毒性評価の新たな潮流
  • 医薬品の生殖発生毒性試験についての ICH S5 ガイドライン改定
  • CDISC を活用した非臨床安全性評価
  • リスクアセスメント過去・現在・未来 これまで30年の歩みとこれから10年の歩み
  • 創薬・代替法における in vitro 試験の新たな始動
  • in silico 研究への期待と問題点(Big Data, AOP, Systems ToxicologyからAI/Ontology へ)
  • 脳毒性の現状と課題(日本中毒学会合同シンポジウム)
  • スポーツドーピングの中毒学・毒性学(日本中毒学会合同シンポジウム)
  • 毒性病理学会からのトピック -レギュラトリーサイエンス-(日本毒性病理学会合同シンポジウム)
  • 毒性発現と性差(日本薬理学会合同シンポジウム)
  • 米国毒性学会合同シンポジウム
  • 次世代研究者セミナー

5. ワークショップ(8セッション)

  • 再生医療製品等における安全性評価~造腫瘍性試験を中心として
  • 非げっ歯類のゲノムと副作用予測への応用
  • 腎毒性の評価手法の進展と課題
  • IMS(Imaging Mass Spectrometry)の毒性評価への応用
  • 感作性代替法の現状と展望
  • 非臨床安全性試験におけるマイクロサンプリングの課題と展望
  • 医薬品の心臓安全性評価に関する最新動向と将来展望
  • 網膜・視神経毒性 : 臨床中毒学と非臨床毒性学の融合

6. 企業研究者のキャリア形成支援プログラム

7. 第16回市民公開セミナー

テーマ: 生活の中の科学:ベネフィットとリスクを正しく理解する
日 時: 2018年7月21日(土)
午前 10:30 ~ 12:30
場 所: YMCA国際文化センター 2F ホール

PAGE TOP